ノンバンクとの差


テレビCMでも最近、銀行系のキャッシングローンを目にする機会が多くなりました。

キャッシングと言えば消費者金融を思い浮かべる方も多いかと思われますが、現在では、各銀行がカードローンなどのキャッシングローン商品を取り扱っています。

消費者金融や信販系のキャッシングとの一番の違いは、銀行系の貸出金利が低い事が挙げられます。

金利が低く貸し出しの限度額はノンバンクの物より高く設定されていますので、まとまった資金が必要となった方でも、1社で賄う事ができるのです。

キャッシングローン商品の中には不動産を担保とするローンもあり、担保がある場合はより高い限度額で、より低い貸出金利で借りることが可能です。

審査から借り入れまでの期間を気にされる方も多いかと思いますが、現在では銀行系キャッシングローンも消費者金融と同様に非常に迅速な審査となっています。

借り与信から借り入れまで、最短で30分という商品まであります。

非常にメリットの多い銀行系ローンですので、お金が必要となった場合、まずは銀行ローンを検討される事をお勧めします。

ただし、今までの信用情報による支払い実績、勤務している会社、年収、勤続年数などによっては、思い通りの金額が融資されない事もあります。

その場合でも、規則正しく返済を続ければ、限度額見直しが入る可能性も高く、将来的には希望額まで限度額が広がる可能性もあります。