借りた人が死亡した場合

キャッシングで利用したときに重要視する点は、金利が低い点や審査に通りやすいといったことに注目する必要もありますが、たとえばキャッシングをした名義人死亡した場合、どのようなことになるのか?考えたことはないでしょうか?

これも一応知っておいた方が、パニックにならずに済みますのでしっかり把握しておくようにしましょう。

基本、名義人死亡した場合支払う必要はありますが、ケースによって支払う義務が存在しないもあります。

払わなくて良いケースとして、債務者が死亡した場合借金も相続になりますので相続を破棄した場合は当然借金を支払う義務はありません。

また大手の貸金業者からキャッシングした場合、支払わなくて良いことがあります。

この理由として、大手貸金業者であれば保険に加入していますので、もし債務者が払えなくなった事情があった場合、保険会社がそれを支払うといったシステムが構築されています。

よって名義人死亡した場合は、死亡診断書などの書類を提出することで支払いを免れることが多いです。

しかし注意してほしいのは、中小の貸金業者から借りた場合です。

そのような業者は保険に加入していないことがありますので、支払いを求められることがあります。