税とキャッシングの関係は?


キャッシングローンを利用する際に、税金滞納していることから審査を通過することができないのではないかと不安に感じる人がいいますが、そのような心配をする必要はありません。

キャッシングの種類にもよりますが、たとえば住宅ローンや事業性資金のローンを代表する厳しい審査が必要になる場合だけ、注意する必要がありカードローンに代表されるものであれば税金滞納しているから借りることができないといったことはありません。

しかしたったひとつ注意してほしいのは、収入を証明する書類を提出する際に納税証明書を提出した場合、税金滞納していることが貸金業者で発覚する恐れがありますので、そのような書類は提出しないようにしたほうが良いでしょう、収入証明書の提出は、給与明細で対応するようにしてください。

貸金業者もキャッシングを希望する人の与信を調べるために、個人信用情報機関に問い合わせてから融資の実行をします。

しかし税金滞納をしている事実は個人信用情報機関には掲載されていますので、遅れていることは発覚しません。

しかし税金滞納は貸金業者の催促よりも厳しく、適切に対応しないと差し押さえなどの処分を受けることがありますので注意してください